賃貸中の物件はどうすれば売れるのか?

賃貸に出している物件を売却することは可能なのでしょうか?十分に可能です。しかし売却方法はケースバイケースです。

 

買い手が投資目的の場合

買い手が家またはマンションを購入後そこに住まないというケースです。この場合は単なる移転登記で終わりになります。賃貸主にはオーナーチェンジになったということを伝えればそれで終わりです。

 

買い手がそこに住みたい場合

今住んでいる方が退去後に売り渡しということになります。しかしまだ賃貸契約が残っている場合は退去しない権利があります。この場合の解決方法ですが次のようになります。

 

話し合いにより早期退去してもらう

家主は借主に事情を知らせ、早期立ち退きをお願いします。もちろん借主は賃貸契約書の内容により、期間満了まで本来そこに住み続ける権利がありますので、家主側はある程度のペナルティーを負わなくてはいけません。

 

最低限負わなくてはいけないのは引越し費用です。契約途中で退去していただき他の場所に移転していただくわけですから、その際の費用は退去してもらう家主が負担します。引越し業者に見積もりを出してもらい、その費用を支払うということになるでしょう。

 

しかし借主は立ち退きたくないというのが本音でしょう。引越し費用を出してもらったところで、本来引っ越さなくてもよい引越しをするわけですからメリットはなく満足しないケースが多いと考えられます。

 

そこでカギとなるのは可能な限り借主との間をこじらせないためプラスアルファをすることです。さらに一ヶ月分の賃貸費用ただにするなどの話し合いとなります。たとえ一年間の家賃をすべてただにしても物件の売却額よりも大いに安いはずです。話し合いがこじれると裁判沙汰になり、本来できるはずの売却もできなくなりますので、あまり欲張らずに、借り手の側に立って満足する条件を提示し円満解決するほうが賢明でしょう。

O-uccino(オウチーノ)

早速オウチーノで査定をしてもらう

O-uccino(オウチーノ)公式ホームページへ