売却前にリフォームは必要か?費用対効果で判断

物件を売却するにはリフォームして見栄えよくしたほうが売れやすいのではないか。このように考えるオーナーの方は多いことでしょう。もちろん買い手からすると買う家はきれいなほうがよいに決まっています。

 

フローリングの張替えや水道周りの器具の入れ替えなどどれほどリフォームするかどうかは個人で判断することです。しかし最近の傾向としてリフォームにかなりの程度お金をかけても費用対効果が悪いという傾向があります。その理由を論じていきましょう。

 

リフォームは平均して200万ほどの費用が掛かります。重要なのはこの200万円をかけてどれほど買い手が見つかりやすくなるかという点です。もしすでに床が腐っていて穴が開いているならば床の張替えというリフォームは欠かせません。しかし腐っているわけではなく、ただ古びているだけなら必ずしもリフォームは必要ありません。なぜでしょうか?

 

リフォーム後の部屋の模様を必ずしも新しい買い手が喜ぶとは限らないからです。くかなりの費用をかけて新しいフローリングにしたとしても買い手が落ち着かない色と感じたり、そもそもリビングには絨毯をひくつもりだったなどであれば、そのリフォームは意味がないことになります。
水道器具の入れ替えなどもそれぞれの好みがあり、レバー式のあたらしい水道栓を取り付けたとしても新しいオーナーがそこはシャワーユニットを取り付けたいと思っているかもしれません。

 

せっかくのリフォームを無駄にしたくはないでしょう。ですから多くの場合売却前にリフォームの必要はありません。せいぜいリビングのクロスの張替えとハウスクリーニング程度で十分でしょう。

O-uccino(オウチーノ)

早速オウチーノで査定をしてもらう

O-uccino(オウチーノ)公式ホームページへ