まだローンが残っている物件をオウチーノで売っても大丈夫?

抵当がまだ残っている物件は売却できないと感じる人も多いでしょう。しかしローンがまだある物件でもオウチーノを通せば売却することも十分可能です。売却方法は大きく分けて2つあります。

 

自己資産を集めてローンを完済する

ローンの計画にしたがって払わなくてはいけないと思っている人もいますが、車などを売ることによって資金を調達できるならローンを完済し抵当から早めにはずすことが可能です。一番確実かつ経済的な方法です。
買い手もローンのない抵当無し物件であることを望むので、親族にお金を一時期お借りしてでも自己資金でローンを完済して売ることをまず考えましょう。

 

買い手に負担してもらい相殺

1000万の価値がある家のローンが500万残っているとします。買い手にとって少しのリスクが伴いますが、売り手がローンが残っていることを話した上で移転登記の前に1000万円の資金を買い手に用意してもらいます。当日中に500万のローン返済を終えて移転登記も行なうという方法です。買い手も結果的には抵当無しの物件を1000万円で手に入れることもできるわけですし、売り手も500万円手にできます。
注意点は移転登記の前にお金が売り手に渡るので、お金の持ち逃げを防ぐためにも信頼のできる不動産に仲介を頼む必要があるということです。オウチーノを通して不動産業者を選定するならこの点は安心です。

 

家の価値は年々下がるので購入時に1500万円でも見積額は500万にしかならなかったということもあります。まだ700万のローンが残っているなら充当しても資金が足りません。残りの200万を売り手がどうにか用意し抵当からはずして売るというのが原則です。

 

もし抵当のまま売却するなら、銀行は抵当物件を競売にかけ売却する権利があります。やはり不動産の売買は抵当を外してから売却というのが基本です。

O-uccino(オウチーノ)

早速オウチーノで査定をしてもらう

O-uccino(オウチーノ)公式ホームページへ