買取と売却の3つの違い!オウチーノなら常識的な査定額の不動産が見つかる

物件を売る方法には「買取」と「売却」という方法があります。この2つは似ていますが、全く別物です。どんな違いあるのでしょうか?3つの違いがあります。

 

買い取り手の違い

『買取』は不動産屋が買い取ります。不動産がいったんその物件を買い取り自社所有にして時間をかけてゆっくり第三者に転売します。【売却】は不動産を通しますが、一般の方が買い取ります。不動産は仲介手数料を受け取ることによって利益を得ます。

 

金額の違い

【売却】の方が『買取』よりも値段が高くなります。不動産手数料を計算に含めたとしても売却の方が買取よりも金額が高くなるでしょう。なぜなら不動産は買取という方法で物件を購入しますが、その物件が売れるかどうか分からないというリスクを負うことになるからです。

 

さらにその物件を第三者に売り出す際の広告費なども掛かるので、当然買い取り額は売却額よりも低めになるのが常識です。極端に安い金額で買い取られてしまうこともあるかもしれません。
オウチーノなどの不動産仲介を通して不動産を探すならば常識的な査定額で買取をしてくれる不動産が見つかります。常識的な額とは近隣の成約事例や国税庁が定めた路線価に基づき査定された額となります。

 

買取速度の違い

買取は早ければ3日から1週間で完了します。財産分与の必要性や海外移転のために急いで物件を現金化したいときなどは買取という方法がお勧めです。

 

売却という方法は時間が掛かります。条件面で折り合う買主が見つからないとなかなか現金化とはなりません。また買い手が見つかったとしても住宅ローンを利用する人が多いので、すぐに現金を手にできるとは限りません。
買取と売却にはそれぞれにメリットとデメリットがありますので、ケースバイケースでどちらの方法を利用したほうがいいのか判断しましょう。

O-uccino(オウチーノ)

早速オウチーノで査定をしてもらう

O-uccino(オウチーノ)公式ホームページへ